HOME » 光コラボとは?今さら聞けないQ&A » 光コラボレーションって何?

光コラボレーションって何?

光コラボレーションとは?改めておさらいしているページです。

光コラボレーションとは

「光コラボレーション」という言葉を何となく耳にしながら、深く調べないままに過ごしてしている人は多いのではないでしょうか?

ただでさえサービス内容がよく変わる回線やプロバイダビジネスについて、いちいち最新情報をチェックするのは面倒ですから、当然かもしれません。

でもその存在について知識を深めておくことで、今よりもお得な料金プランや、利用しやすいサービスを享受できることもあります。ぜひ以下に注目してください。

【光コラボレーションとは】

2015年にNTT東日本/西日本が開始した、光ファイバーインターネット回線サービス。光回線自体を「卸売提供」するという、ビジネスモデルが新しい。

光回線を全国規模で提供していた通信サービスは、実質NTT東日本/西日本だけでした。このため契約プロバイダは人それぞれでも、回線料金はNTTに支払う、というケースがかなり多かったのです。

しかし、光コラボレーションが始まったことにより、インターネット回線自体が卸売で提供されるようになったため、NTTでなくとも光回線の提供が可能となったのです。

利用価値は?

光コラボレーションのサービスがスタートして以来、「弊社の光コラボプランに乗り換えませんか?」という営業を受けたという人も多いのではないでしょうか。

NTTによる回線の独占販売が緩和されたので、市場競争の恩恵やサービス面の改善を実感できる可能性は、大いにあります。

  • 将来的に市場競争が激化し、利用料金が低下する可能性が高い。
  • 業者によって内容の異なるサービスの中から、付加価値の高いものが選べる。
  • 光回線の使用/接続料金を一本化できる場合が多い。
  • 問い合わせ窓口も一ヶ所になるため、たらい回しにされる不快感がない。

乗り換えの際の注意点

とは言え、光コラボレーションはまだ誕生して数年のサービス。供給側の体制が充分に整っていない可能性も高いので、見極めは慎重に行う必要があります。

  • プランをよく検討しないと、利用料金がかえって高くなるケースも皆無ではない。
  • 既存の契約プランを途中解約して乗り換えると、高い違約金が発生することも。
  • 新興業者と契約すると、速度や安定性、サポートの面で、不満が生じる場合も。

契約の際は、サービス内容について、充分な説明を受け、疑問や不安点をクリアしていくようにしましょう。

光コラボ 大手4社を比較

PAGE TOP