HOME » 光コラボとは?今さら聞けないQ&A » 手続きに手間はかかる?

手続きに手間はかかる?

光コラボ申し込みに伴う、転用手続きについてリサーチしています。

光コラボへの転用サービスとは

2015年から開始された「光コラボ」とは、それまでNTT東日本/西日本が国内で多くのシェアを占めてきた「光回線」を、他社に「卸売り」することで誕生したサービスです。

「光コラボ」スタート以前に、NTT東日本/西日本が提供していた光回線サービスの名称は「フレッツ光」。光コラボを申し込むことで、フレッツ光との契約は解除となるわけですが、その際にはNTT東日本/西日本へ連絡をする必要があります。

これら一連の手続きは「転用」と呼ばれます。以下にその、大まかな手順を紹介していきましょう。

1.転用承認番号の発行

光コラボは「もともとNTT東日本/西日本が販売していた光回線を他社に卸売りする」というサービスです。このため、基本的には従来の回線をそのまま転用することが多く、「お客様ID」「光電話サービス」などは変更がないまま使用し続けることが可能となっています。

しかし、転用の際は必ずNTT東日本/西日本から承認を受けておく必要があります。それが「転用承認番号」の発行です。申し込みは電話や公式サイト上で行います。「お客様ID」が必要になるので、手元に契約書か請求書を用意して臨みましょう。

2.光コラボ業者に申込み

NTT東日本/西日本から転用承認番号をゲットしたら、光コラボ業者への申し込みを行います。手順は会社により異なりますが、概ね住所や連絡先などの情報、支払い方法、そして「転用承認番号」を確認されるでしょう。

3.工事が必要な場合も

多くの場合は、2までの手順で転用の手続きは完了してしまいます。しかし中には「auひかり」など、もともとNTT東日本/西日本以外の独自回線を活用している会社があります。この場合は新たな回線工事や専用機器の取り付け工事が必要となりますので、事前によく情報を確認しておきましょう。

4.プロバイダ解約を忘れずに

光コラボへの申し込みに伴い、従来使用していたプロバイダを解約する必要があります。この手続きは申込者本人が行わなければなりません。放置しておくと、光コラボ使用開始後も月額料金が発生し続け、無駄なお金を支払わなければならないので、注意してください。

光コラボ 大手4社を比較

PAGE TOP