HOME » 光コラボとは?今さら聞けないQ&A » 乗り換えるメリットは?

乗り換えるメリットは?

このページでは、光コラボに乗り換えるメリットについて調べています。

光コラボのメリット

2015年に開始された「光コラボレーション」のお陰で、これまでNTT東日本/西日本が独占的に販売していた光回線を、他社も販売できることになりました。

各社の広告を見たり、営業を受けたりすることで、乗り換えを検討中の人もいるのでは?その際に最も気になるのは、利用メリットです。

光コラボに乗り換えることで、以下のようなメリットが期待できます。

概ね利用料金が安くなる

ユーザーに「これまでに利用していたプラン」から「光コラボ」に乗り換えてもらうためには、コスパを高めるのが最も有効です。そのため各社は、可能な限りの低料金化を目指してサービスを整備しています。ほとんどの場合、既存サービスに比べ、低料金なプラン契約が期待できるでしょう。しかし会社により料金差がありますので、よく内容を吟味することが必要です。

また「光コラボ」の普及に伴い、サービス提供各社とその販売代理店は、他社に差をつけるべく、キャンペーンを行うことが多くなっています。中には数万円のキャッシュバックを提供するキャンペーンも存在していますから、複数の情報を比較し、よりお得な契約を目指したいものですね。

携帯電話とのセット割に注目

光コラボを受け、携帯電話の通信サービスを主軸にしていた会社も、回線事業に参入しています。「ドコモ光」「ソフトバンク光」は、その代表例と言えるでしょう。

これらのサービスと契約すると、セット割引プランが適用され、月々の携帯電話代が大きくカットできます。またプロバイダも、複数の選択肢から好きなものを選ぶことができます。これは大きな利用メリットですね。

問い合わせ窓口がひとつになる

光回線を使用した従来のサービスは、回線契約をNTT東日本またはNTT西日本と結び、プロバイダ契約は別社と結ぶという、二重の契約が必要でした。このため不具合が生じた場合「どちらへ連絡すれば良いのかわからない」という状況も生じやすくなっていたのです。

しかし従来のプロバイダ会社が、回線とセット販売を行う「光コラボ商品」の場合、このような面倒はなくなりました。問い合わせはもちろん、支払い先も一本化できるので、何かと便利です。「OCN光」「ぷらら光」「So-net光」など、すでにプロバイダとして高い知名度を誇る会社が提供するサービスは、その代表例と言えるでしょう。

光コラボ 大手4社を比較

PAGE TOP