HOME » 光コラボとは?今さら聞けないQ&A » プロバイダ契約はどうなるの?

プロバイダ契約はどうなるの?

このページでは、光コラボ乗り換えの際に発生する、プロバイダ契約について調べています。

光コラボ乗り換えに伴うプロバイダ契約

インターネット環境を構築するためには「回線」「プロバイダ」の2つの要素が必要となります。

従来は「回線」の部分を、NTT東日本/西日本がほぼ独占していたわけですが、2015年の「光コラボ」解禁に伴い、状況が変わりました。これまでプロバイダとしてのサービスだけを提供していた会社も、回線込みでのプラン提供が可能になったからです。

光コラボには、いくつかのプロバイダ契約パターンがあります。

  • もともとプロバイダサービスを提供していた会社であるため、
    光コラボ契約が同時にプロバイダ申し込みとなる

    OCN光、So-net光、ビッグローブ光など
  • もともと通信会社のため、プロバイダはいくつかの中から選択できる
    auひかり、ドコモ光など

上記以外にも「ソフトバンク光のプロバイダは、子会社であるYahoo!BBしか選べない」、などのパターンがあります。

いずれにしても、光コラボに乗り換える場合は、今までの契約プランを変更したり、解約することになるでしょう。

解約の際の違約金に注意

「光コラボの方が利用料金は安くなる。ぜひ乗り換えよう!」、そう決心した場合でも、既存のプロバイダ契約プランはよく見直す必要があります。

近年、国内で提供されている回線や通信サービスの多くは「契約期間」を定めています。よくあるのは「定められた契約期間を満了しないうちに解約を申し出ると、違約金が発生する」というケース。各社のプランにより金額は異なりますが、1~2万円が請求されることもあるので、注意が必要ですね。

また多くのプランは「自動更新」となっているため、うっかり更新月を逃してしまうと損をすることになります。

光コラボ申し込みにあたり、既存プランの解約は自分自身で行わなければなりません。内容をよく見直し、最適なタイミングで乗り換えられるよう、事前準備を行っておきましょう。

光コラボ 大手4社を比較

PAGE TOP