HOME » NURO光についての情報まとめ » NURO光の料金と特徴

NURO光の料金と特徴

このページでは、NURO光の料金や特徴を調べています。

NURO光の料金例

  • 月額…4,743円(税別)
  • 初期費用…4万3,000円(税別・工事費+事務手数料)
  • オプション…
    光電話…500円/月(税別)
    U-NEXT for NURO…980円/月(税別)

その特徴

NURO光は、2015年の光コラボスタートに伴って開始されたサービスではありません。先立つことその2年前、2013年からサービスを開始していたのです。とは言え、独自回線を使用しているというわけではなく、NTT東日本の回線を借り受けています。

NURO光は、サービス開始直後から「通信速度の速さ」を最大のサービス特徴として掲げてきました。特にダウンロードの際のスピードには定評があり「フレッツ光を凌ぐ」との声を集めてきたのです。なおNURO光は、So-netが提供する光回線の別ブランドです。そのためプロバイダは、自動的にSo-netへ加入することになります。

光コラボ解禁後、多くの競合が登場する中でもその存在は揺らがず、以下のサービス特徴を備えながら、さらなるユーザー獲得に向けた販促を行っています。

【NURO光のサービス特徴】

★ファイバー通信の国際標準規格GPONの採用と、専用に開発されたホームゲートウェイ(ONU)を組み合わせたことで、世界最速下り最大2Gbpsを実現。

★「1年間割安の月額」や「ソニー製品プレゼント」など、公式の期間限定キャンペーンを随時開催。

★月額が非常に安くなる、マンションプランも新たにスタート。

NURO光の月額料金は基本的に4,743円で統一され、一戸建てとマンションの間に区別はありませんでした。しかし近年、新たにマンション向けのプランもスタートしたようです。こちらはひとつのマンション内で4世帯以上の加入が条件となっていますが、10世帯集まれば、何と月額1,900円(税別)という低価格も実現するプランとなっています。

速度が速くて、値段も安ければ言うことなし、という感じですが、NURO光の最大のデメリットは、関東でしかサービスを享受できないということ。このため、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県以外の人は、利用したくても利用できないのです。まずは自分の居住エリアを見直したうえで、契約を検討してください。

光コラボ 大手4社を比較

PAGE TOP